12年ぶりに帰国して、ミックスの子どもたちとの暮らしを通して見る日本の教育、育児事情などをつづっています。日本って、良くも悪くも変わってるよ♪ http://www.rickplanning.com
読書メモ 「edu10月号 特集・東大生のノート121冊」
少し前に話題になった、「東大生のノート」が特集ということで読んでみました。ノートがきれいな子で、テストができない子はいませんと私も言われたのを思い出しました。
親が言ったからいいノートが作れるようになる、というものでもないと思うけれど、アドバイスするための参考にはなります。

できる子になるノート、5つのルール

ルール1 文字はていねいに書く

ルール2 黒板はきちんと写す
            低学年では写すことに慣れる。高学年で板書に自分の工夫をプラス

ルール3 色は赤、青、黒の3色。色にもルールを決める
            重要個所は赤。覚えづらいところは青。見直すときに一目瞭然。

ルール4 ラインを引いて分かりやすく分割
            基本のラインは.ぅ鵐妊奪ス用、⊆分のスペース用

ルール5 プリント、資料などは1冊のノートにすべて貼る


記事 「4行作文教室」 試したら面白そう。

1行目 何について書くのかを書く
2行目 何をしたかなどを書く
3行目 内容をふくらませる
4行目 最後に自分の気持ちを書く
ヒント
・1行に1つの文を書く。1つの文が短くてもいい。
・どうしても書けない子には、お母さんが子どもの話を聞いて書いてあげてもいい。
・作文の練習なので文字の間違いの指摘はまた別の機会にする



JUGEMテーマ:学力
 
読書メモ 22:00 comments(0)
読書メモ 「学力は家庭で伸びる」 陰山英男
こちらもおなじみ、陰山先生の本。

うちでは2人にドラゼミをやらせていますが、それは作文練習がいいのと、陰山先生が監修しているからという二つの理由からです。私が陰山先生がいいと思うのは、「百ます計算」よりも、「早寝早起き朝ごはん」の方です。

ここまで言わないといけないなんて、学校の先生も今は本当に大変なんだなあと思いながら読みました。でもこの「今すぐ親ができること41」というのは、たまに目にして思い出したらいいでしょう、親の自戒の意味で。

以下、今すぐ親ができること41より、注意していかないとなあと思う部分の抜粋です。

ジワジワ効いて結局学力が上がる16カ条
    4.今日習ったことを口に出して読ませる
    7.子どもの前で辞書、辞典を引く


毎日の生活で「会話力」がつく13カ条
    18.ゴミ出しは子どもにやらせる
    21.お誕生日会で子どもを王様に仕立てない
    29.子ども同士でお金の貸し借りをさせない

「自分でできる力」を育てる12カ条
    31.サッカーの応援に毎回行かない
    37.子どもが一人でいる時間をつくる
    40.小遣いは我が家の家計に合わせる


JUGEMテーマ:学力
 
読書メモ 23:15 comments(0)
読書メモ 小学生の学力は「教科書」中心学習でグングン伸びる!
おなじみ「親力」の親野智可等先生の本です。

特に真新しいことは書いてないのだけど、「教科書勉強=王道」というのは、特に大学で専門分野を研究する段階になってからしみじみと大切さが分かる、学問の基本となることなので、小学生のうちから徹底的に「教科書は絶対」を身につけていくのはとっても有意義だと思います。

大学受験までは、手とり足とり、マンガなどでまで噛み砕いて説明してくれるガイドがあるけど、大学生になったら自分で本を読み解いていかなければならないからね。その楽しみを低学年から分からせておいてあげておけると、後々、本当に本人のためになって良いなあ。

だけどつまりは、どこまで親がつきあえるかってことでしょうね。
問題集や通信添削に頼ってしまえば、印つけるだけで済むからね。。。

参考になるのはココ。

家庭で楽しく学べる親子の「教科書勉」アイデア集
その1.音読    
            4つのステップで音読→音読カードに結果を記録
            .屮蹈奪読み ∩簡呼匹漾´4萎読み ぐ典読み 
その2.なぞり書き
            コピー式 教科書を薄めにコピーしてなぞる
            トレペ式   教科書のコピーにトレーシングペーパーをかぶせてなぞる
            >図が複雑なときは文字だけなぞる(2年算数)
            >理科、社会 まとめや統計のなぞり書きにもトライ
その3.視写
            教科書をそっくりそのままノートに書き写す
            >文章を書くときの基本ルールが身に着く
            >6年算数 ポイントをノートに書き写すだけ
            >図は簡略化して描き写す
その4.穴埋めクイズ
            ゞ飢塀颪鬟灰圈爾垢襦
            ▲ーワードを修正テープで消して( )をつける 
            もう一度コピーして使う 
その5.文章ジグソー
            
ゞ飢塀颪諒絃呂鬟灰圈爾垢
            段落ごとに切り分けてバラバラにする
            正しい順に並べて文章を完成させる
その6.写真・図の並べ替え(「実験手順」「製造過程」など、流れを一気につかむ)
            
]続している写真や図をカラーコピーする
            ∪擇衒けてバラバラにする
            正しい順に並べかえる
その7.○×・三択クイズ(「図表」「グラフ」「文章」、あらゆる学習内容を正しく理解)
            
ゞ飢塀颪涼罎ら重要な文章をピックアップ
            △修譴鬚發箸法×、三択クイズをつくる
その8.拡大ポスター
            
教科書の図表をカラーコピーし、目につくところに貼る

おまけとして
 他社の教科書にチャレンジ」 国・理・者はいい読み物に、算数は問題集に。
上の学年の教科書にチャンレンジ」 子どもの自信に
中学の歴史教科書にチャレンジ」 歴史好きなら


JUGEMテーマ:学力
 
読書メモ 22:39 comments(0)
読書メモ 『小3までに育てたい算数脳』 高濱正伸
〜もくじ抜粋〜
第1章 十歳で将来が決まってしまう!?
第2章 小3までに育てたい「算数脳」
    ■「算数脳」が必要な、これだけの理由
        算数は「生きる力」
    ■小3までに育てたい「算数脳」
        「算数脳」は「イメージ力」
    ■見える力(イメージ力)とは
        見える力1 図形センス    補助線が見えますか?
        見える力2 空間認識力   見えないサイコロを転がせますか?
        見える力3 試行錯誤力   じいっと考え込んでいませんか?
        見える力4  発見力     外せない枠を外せますか?
    ■詰める力とは
        
詰める力1 論理性 知らん顔してスジを違えていませんか?
        詰める力2 要約力 出題者の気持ち、わかりますか?
        詰める力3 精読力 本を読んでいるのに文章題ができないって?
        詰める力4 意思の力・執念 
第3章 すでてを決める! 小3までの育て方・遊び方
    ■すべての答えは「外遊び」にあった
        夢中になって遊ぶ中で知性は育つ 
        イメージ力は外遊びでこそ伸びる
 
            (五感の刺激、異年齢同士で遊ぶ、危険を本能で察する)
    ■子どもを伸ばす親・潰す親
    ■親たちのNGワード・NG行動
    ■子どもを伸ばす生活術
        お手伝いは二度おいしい
        叱るときは、しっかり叱る
        楽しむ姿を見せる

    ■力の伸びる遊び術
    
 納得    
    ●声をかけても気がつかないくらい夢中になって遊んでいる子
        →後からぐんと伸びてくる
    ●「見える力」は実際の体験がベースとして絶対に必要。
        →外遊びや体験そのものしでしか伸びないもの
    ●理解度指数1.聞いてフムフムと分かる。
                    2.自分で解ける。
                    3.自分でスラスラ解ける。
                    4.人に教えられる。
                    5.複数の人前で教えられる。問題が作れる。
    ●「叱り方三原則」厳しく、短く、後を引かず。
    ●子どもは親が基準を示してくれるのを待っている。
     親がダメと言ったらダメ」という関係は、幼い頃にしっかり擦り込んでおく。

ひとこと
>9歳までの育ち方、ズバリ「外遊び」をとことんしてきたかどうかで決まる。
遊び方、親が家でもできることの具体例がたくさん出ているのがいいです
>「子どもに嫌われたくない、いい親になりたい」ので子どもを叱れない親がいるとのこと、私には考えられませんが納得です。

JUGEMテーマ:学力 
読書メモ 10:12 comments(5)